リピーター(兄弟姉妹)が多い金沢市田上の塾・スイッチ・オン~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

小さな約束〜金沢市田上塾〜

f:id:switch-on-juku:20211025131638p:image

成績上位層の方は「小さな約束」をきちんと守る方が多く感じます。

 

当塾では毎週ノルマのようにしている暗記アプリがありますが…

 

きちんとこなせているのは成績上位層の方がほとんどです。

 

基礎的な英単語や用語の暗記であり、正解数にも縛りをかけていませんので、元々の頭の良し悪しとはまったく関係ありません。

 

・成績上位層→定期的に取り組みを継続

 

・成績中位層→テスト前などにまとめて取り組み(いわゆる一夜漬けに近い感覚。だから実力テストなどでは力を発揮できない。)

 

・成績下位層→いつの間にかフェイドアウト…(継続できない。反復学習していない。=暗記が苦手)

 

こう考えると、テストで点が取れる取れない方の差は歴然です。

 

きちんと取り組む・取り組まないというのは〝性格的な違い〟ですd( ̄  ̄)

 

私は生徒たちに対し〝1週間に○回〟といった「小さな約束」をしました。

1日あたり10分程度で充分可能な約束です。

 

これまでの経験則から、こういったことをやらない言い訳をよく耳にしてきました。

「忙しかった」

「面倒くさい」

「わからなかった」

 

こういった言い訳が出ないように細心の注意を払って、「小さな約束」としました。

 

にも関わらず、成績中下位層の方々は守れない方がほとんどでした。

f:id:switch-on-juku:20211025131706p:image

非難しているわけではありません。

 

私が言いたいのは、成績中下位層の方々が成績を伸ばそうとしたいなら、

 

これからは上位層のように取り組まなければいけない!

 

つまり、

 

「小さな約束を守れる方になってほしい」

 

ということです(´ω`)

 

この学力を伸ばすための性格的な下地ができれば、学力を伸ばすのは決して困難なことではなくなるでしょう。

 

学力向上はこれだけではありませんが、さまざまな性格的な要素が関わっていることは明らかです。

 

周りに頭の良い友だちがいるのであれば、その友だちの真似をすることが効果的です。

 

たとえば、先日、塾生にも話していたのですが、

「学力の高い子は問題を解く時間よりも、解説を読む時間のほうが多いはずだから、よく見てごらん。」

と。

 

いろいろと参考になるはずです(^ ^)

 

まずはその第一歩として「小さな約束を守る」ということから始めてみては?