リピーター(兄弟姉妹)が多い金沢市田上の塾・スイッチ・オン~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

令和3年度 石川県公立高校入試出願倍率~金沢市田上塾~

http://www.tvkanazawa.co.jp/info/exam210222.html

 

石川県公立高校入試の出願倍率が発表されましたね。

 

ちなみに入試でいう際の年度というのは、4月からの入学者を選抜するということで、次の令和3年4月入学となる「令和3年度」となります。

 

それはさておき、出願変更は2/26~3/2となっております。

 

例年、出願変更による大きな倍率変更はあまり見られませんが、個人的には入試倍率増となった二水高校がどうなるか気になるところではあります。

 

ただ、倍率というのは自分の力でどうにかできるものではありません。

 

できることに全集中していきましょうね(^-^)

 

この時期、もうこれ以上やることがないぐらいの状態が1番です。

 

今までやってきたことをさらに完璧にするためにも、1度でも間違えたことのある問題の解き直しだったり、見直しで充分なのです。

 

(あまりおすすめはしませんが…)

どうしても新たな問題に取り組みたいという場合は、しっかりとした解説がついているものや、すぐに教えてもらえる環境にあることが絶対条件です( ̄^ ̄)

 

もちろん、解き直しできる時間もしっかり確保してくださいね。

 

あともう少しです(^-^)/

大ボス出現!~金沢市田上塾~


f:id:switch-on-juku:20210221183920j:image

昨日は春一番が吹き荒れました。

本日も暖かい1日となり、春の陽気を感じました。

今年度ももうすぐ終わりなんだなぁ…といったところですね(^-^)

 

 

さて、来年度は今後の日本の教育を大きく変えるであろう2つの大ボスがやってきます(´ω`)

 

大ボスとは…

 

「中学校教科書の大改訂」

GIGAスクール構想」

 

のことなんですけどね(^o^;)


f:id:switch-on-juku:20210221184056j:image

みなさんも何となく耳にしたことがあることでしょう。

 

もし、私がこういった仕事に携わっていなければ、

 

「ふ~ん、そうなんだ。なんだかよくわからないけど大変そう~。」

 

程度だったでしょう。

 

しかし…

 

そうなんだ~では簡単に済まされなさそうです。

これらは今後の子どもたちの学力に大きく影響しかねないからです( ̄^ ̄)

 

下手すると、学力の二極化が一気に加速するかもしれません。

 

その二極化も単なる二極化ではないかも…。

これまで中位層レベルで済んでいたような子たちまで、下位層レベルにまで下がってしまうのではと恐れてしまいます。

 

あくまでも私の予測なんですけどね。

別に不安をあおっているわけではありません…(^o^;)

 

私の予測が杞憂で終わることを望みます(´ω`)


f:id:switch-on-juku:20210221184355j:image

この2つについて簡単に説明しますと、

 

「中学校教科書の大改訂」

 

・これまで高校で学んでいた内容の一部が、中学校で学ぶこととなる

・全般的に量が増え、内容も難しくなる

・特に英語は単語数が増加(約2倍)、英文も抽象的な内容となり難易度が上がる

など。

 

GIGAスクール構想」

 

・生徒1人1台端末

・高速通信の環境整備

(主に学校側ですが)

など

 

どのような教材・手法を用いていくかは各自治体に委ねられているようです。

 


f:id:switch-on-juku:20210221184412j:image

みなさんの気持ちや考えはどうであれ、これから先の教育はこの2つを確実に進めていきます。

 

見直されることはあっても、今の状態に戻すなんてことはちょっと考えにくいです。

 

ですので、今後のお子さまがたの学力は、これらの変化に柔軟に対応していけるかどうかが重要なポイントとなってきそうです。

 

ただし、私個人の考え方としては、

 

「この先、どんなに学び方が変わっていっても、自分で創意工夫して学習していく姿勢が身につけば学力は必ず伸びる」

 

です。

 

与えられたことだけこなす、親に言われるから勉強するといった取り組み方では、どんなに良い環境であっても学力は伸びにくいものですので…。

 

それらを踏まえて、当塾は背中を押してあげたり、効率よく進めるような指導を心掛けていきたいと思っております。

 

一緒に試行錯誤しながら、来年度からも頑張っていきましょう(^-^)/

公立高校入試までの過ごし方~金沢市田上塾~


f:id:switch-on-juku:20210211132640j:image

とうとう公立高校入試まで、あと1ヶ月をきってしまいました。

 

現在、多くの中学3年生は、来週の期末テストに向けて勉強に励んでいることと思います。

 

受験を間近に控えての期末テストとなりますが、もちろんここも入試範囲となります。

 

学校の先生方も、そのあたりは熟知していますので、入試傾向を踏まえてのテスト作成をしてくれることでしょう。

 

ですので、この1週間は期末テストに集中して取り組んでいくべきです。

テスト返却後には当然見直しを( ̄^ ̄)


f:id:switch-on-juku:20210211132658j:image

そして、期末テスト後の受験対策のキーワードとしては

「絞ること」

「見直し中心」

「今までに解いたことの無いような難問はもう解かない」

といったところです。

 

よく質問があるのですが、

「5教科均等に勉強したらいいですか?」と。

 

色々な意見はあるかと思いますが、私個人的には答えは「完全にNO!」です。

 

残り期間を考えますと、今からやっても点には結びつきにくいことが、残念ながら多々あります。

 

ここまで来たら、入試で少しでも多く得点するためにはどうするか?にこだわったほうが効率的です。

 

その際、「同じ高校を受験する子たちが確実に取れるであろう問題」を中心に進めたほうが良いでしょう。


f:id:switch-on-juku:20210211132753j:image

もし、私が万が一の時に責任を取りたくない場合ですと「まんべんなく」と言うかもしれません。

(そんなこと絶対に言いませんが(´ω`))

 

しかし、少しでも入試で得点させてあげたい思いから「そこは捨てな」と言い放ちます。

 

ただし、その子のことをしっかり把握してなければ簡単に言うことはできません。

 

ですので、私も塾生以外の子たちにアドバイスを求められても、返答しかねてしまうでしょう。

 

今年度は新型コロナ、熊、大雪など色々とありましたが、泣いても笑っても、あと約1ヶ月です!

 

悔いのない受験生活を(^o^)/