リピーター(兄弟姉妹)が多い金沢市田上の塾・スイッチ・オン~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

中高生の英語力 ~金沢市田上塾~


f:id:switch-on-juku:20180407074529j:image

全国の公立中高生の英語教育実施状況調査の2017年度結果が、昨日、文部科学省より公表されましたね。

 

2013年度より実施されている同調査に対して、政府の目標は、東京五輪などを見据え2017年度までに下記の目標を掲げておりました。

 

<2017年度目標>

中3➡「英検3級程度以上」割合50%

高3➡「英検準2級程度以上」割合50%

 

結果については、

 

<全国の結果>

中3➡40.7%(前年度比+4.6%)

高3➡39.3%(前年度比+2.9%)

 

<石川県の結果>

中3➡50.2%(全国8位)

高3➡43.3%(全国11位)

 

となります。

 

上記調査結果は、実際に英検取得がなくとも学校の成績などを基に教員の裁量で「取得相当」と判断しているものも含んでいるようです。

 

ちなみに、

<石川県の英検取得状況>

中3➡英検3級以上31.0%(全国6位)

高3➡英検準2級以上25.9%(全国2位)

です。

 

石川県は全国でも意識が高いことが窺えますね。

 

尚、文部科学省は同日に4技能(読む・聞く・書く・話す)ごとの到達状況の結果も公表しておりますが、いずれも50%には届かなかったようです。

特に高3では「話す・書く」の到達割合が20%を切っているようです。


f:id:switch-on-juku:20180407083204j:image

 

これらの調査結果を踏まえて、

 

「すごいねぇ」

とか

「50%の割合、達成できなかったんだー」

と思うだけではいけませんよ(>_<)

 

TVや新聞、インターネットなどから、自身で正しい情報を取捨選択し、どのように考え、どのように行動するかが大切な時代です‼

 

その力が無ければ、これからの時代は乗りきっていけません。

 

 

話を戻しますが、今の時代はこれまで以上に英語力が重要視されてきております。

何となくわかっている方も多いと感じますが、行動に移していない方も多いのでは…?

 

そんな方は、ひとまず英検取得を目標としてみると良いかと思います。

英検にこだわらずともTOEFL、IELTS、TEAP、GTECなどもあります。

 

それぞれの将来の目標に応じて、色々と調べ

行動に移してみてください(^-^)/