リピーター(兄弟姉妹)が多い金沢市田上の塾・スイッチ・オン~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

ひとり言~金沢市田上塾~

今回、かなりの長文となりました!

 

超とはいかないものの大作です。

 

きっと興味ある人しか、最後まで読む気にならないでしょうね(^_^;)

 

すべて読めば、当塾がどんな考えを持っている塾なのかがばれてしまうかも(*_*)?


f:id:switch-on-juku:20200501222632j:image

今日から5月となりましたね。

 

4月は緊急事態宣言が出され、当塾も全生徒をリモート指導(通塾完全ストップ)に切り替えるという異例事態となりました(^o^;)

 

そして多くの人の予測どおり、緊急事態宣言は延長となり、石川県と金沢市においても、引き続き延長。

5/末までの学校休校延長が決定しました。

 

当塾もそのままリモート指導期間を5/末まで延長とします。

 

というわけで、本日はリモート指導期間に入ってから思ったことなどをひとり言としてつぶやいてみようかなと思います(´ω`)

 

あくまでもひとり言ですので、本音がポロッと出ても気にしないでくださいませ…m(_ _)m

 


f:id:switch-on-juku:20200501222645j:image

<ひとり言①>

・オンライン指導について

 

今のところ特に大きな問題もなく、ほぼ通常授業の代わりはできているなと。

 

むしろ、生徒によってはオンライン指導のほうが効果がある子もいるような気が(^o^;)

 

当然に向かないなぁという子もいるかな。

それぞれの学力に差があるので致し方ないけど、当塾はオンライン指導を今しばらく続けると決めました。

 

で、4月のリモート指導期間で経験したことを活かして、できる限りの改善はしていくつもりです。

 

でも、やっぱり対面形式の指導のほうが1番しっくりくるし、楽しいかなぁ(´ω`)

 

 

<ひとり言②>

・質問対応について

 

一人ひとりの質問にきめ細かい対応はできているものと。

文章や図だけでわかりにくいものは、個別に動画も作成し解説。

 

むしろ普段より丁寧に。

 

この方式が今の当塾には1番ピッタリ合ってるかな(´ω`)

 

リアルタイムの返答はあえてしておらず、生徒によっては質問のしかたを学ばせる良い機会になると。

 

リアルタイムの質問対応は一見親切のようで、その子によっては考える時間を奪っているだけです。

 

問題の難易度に関わらず、わからないことはまず調べたり、考えたりすることをこれからも教えていけたら。

 

それができている子に関しては、今後はリアルタイムもありですけどね。

 


f:id:switch-on-juku:20200501222709j:image

<ひとり言③>

・オンライン自習室について

 

昨日からオンライン自習室をスタートさせることに。

 

でもちょっと遅かったかなと反省中(´Д`)

 

通常指導はオンラインで対応できていたけど、それ以外ではダラダラした日常を送っている子達が多かったのではと感じる今日この頃。

 

でも学校は休校延長、せいぜい段階的解除となっていくだろうから、まだまだオンライン自習室の必要性はあるものと。

 

新型コロナがひと段落しても、家庭学習見守りなどに活用できそうな気が(^-^)

 

定期テスト前などは自習室が毎回満席となってしまう当塾にはありがたいシステムだなぁと。

 

 

<ひとり言④>

・学校再開について

 

もちろん、まだするべきじゃないでしょ(´ω`)

段階的、学年別だったとしても石川県や金沢市はまだその時期ではないと。

 

それは塾も然り。

 

感染させないことがまず第一!

 

あとで感染しなかったから良かったねとなるかもしれないけど、そんな博打みたいなことは当塾は子どもたちにできないぞと。

 

ご不便をお掛けする分は、当塾のできる限りのサービスをして穴埋めしていこう。

 

正直なところ、リモート形式より対面形式のほうが楽な部分が多い。

 

だから一刻も早く塾は通常再開させたい。

 

でもみんなガマンしてるのだから、うちも頑張らないわけにはいかない。

 

この4月は色々なことを工夫し、色々なスキルも上がったなって我ながら思う( ̄^ ̄)

 

この1ヵ月が踏ん張りどころ!

 

 

<ひとり言⑤>

・9月入学・始業について

 

私は政治家でも教育評論家でもないので、そのこと自体の良し悪しは語るつもりはありません。

 

ただ、ひとつだけ言いたいのは

 

「この機会に、各家庭・お子様たちのオンライン環境を充実させてあげてください。大至急です!」

 

ということです。

 

もちろん国や県や市がGIGAスクールの名のもと動いているのは重々承知です。

 

「夏休み・冬休みなし、土曜授業などなど」叫ばれていますが、何とかできないものなんでしょうか?

 

そんなことを考えたくはないけど、また新型コロナが再燃したり、別のことで同じような事態がいつ起こるかもしれません。

 

その度に休校延長、入学・始業月でもまた変えるんでしょうか?

 

であるくらいなら、そのような事態に備えて今の内にオンライン環境を充実させ、リモートワーク、リモート指導に備えといたほうがよほど良いのでは?

 

環境さえ与えてくれれば、あとは企業努力、個人の努力で何とかできる方は多いのでは?

 

現金という「お魚」を今は必要な企業は多いでしょう。

その後はオンライン環境という「釣りをする場所」を与えて、活用のしかたである「お魚の釣り方」を教えてあげるべきです。

 

完全に個人的な思いですが( ̄ー ̄)

 


f:id:switch-on-juku:20200501222909j:image

【ひとり言ラスト】

・その他

 

子どもたちのためになるならと、学校に対しての協力を惜しむような塾は少ないと思います。

 

ただし、塾は規模的に塾の生徒の対応をするので手一杯なのが事実です。

 

それならば、教育委員会の方々や学校の先生は、地域の塾の対応を色々と聞き取り、可能な取り組みを取り入れていただきたいなと。

 

塾は以前より多くのICT教材に触れてきており、すでにPCやタブレットスマホを活用しているところは多いと思います。

 

当塾も数多くのICT教材に触れ、失敗も成功もそれなりに経験しております。

 

その経験を学校のICT教育に活かし、たくさんの子どもたちの学力向上に役立てていただければと思いますので、ご興味がおありでしたら当塾にお越しください。

 

今だけですよ~(+_+)

 

と言っても、当塾のは大したことないかもしれませんので、無駄足になったらすいませ~んって感じですけどね(^_^;)

 

成功例より、失敗例なら参考にしてもらえるかもしれませんよ!

 

 

こんな時だからこそ、できることも沢山あるはずです!

そんなことを考えながら、少しでも早く平凡な日常が戻ってくることを願いましょうo(^-^o)(o^-^)o