リピーター(兄弟姉妹)が多い金沢市田上の塾・スイッチ・オン~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

はじめての塾開催~金沢市田上塾~


f:id:switch-on-juku:20200827111342j:image

8/30(日)、2020年度 第2回石川県総合模試の受験日となります!

 

当塾では、各中学校での夏休み明け実力テストの結果と併せて、夏休みの学習成果の確認と今後の対策をしていきたいと思います。

 

ところで、今回ははじめて塾を模試の受験会場とします。

(第1回は会場受験で無いのならばと、受験を全員見合せましたので…)

 

新型コロナの影響で、やむを得ずというところです。

 

※事務局のHPには「会場受験は先着順」と書かれていましたので、7月に電話で確認したところ、会場受験は実施しませんとの回答でした。


f:id:switch-on-juku:20200827111401j:image

個人的には石川県総合模試の1番の利点は何と言っても「一般会場での受験」と思っております。

 

普段から慣れ親しんでいる場所ではなく、知らない場所・塾以外の他中学の受験生が集まるといった環境で模試を受けることはとても大切です。

 

できるだけ本番に近い環境に身を置くことで、本番で力を発揮できるようになっていくものです。

 

当塾ではこれまでも受験本番で力を発揮できるタイプかどうかを、模試を通して一人ひとり把握し、事前に個別に対策してきました。

 

志望校の合格可能性というのは、学力だけでは決して推し量れるものではありません。

 

本番に強いタイプか、弱いタイプかということも非常に重要な要素です。

 

ですので、「在宅・塾内受験」の状況が今後も続くようであれば、どのようにして本番力をつけてあげるかに対して、別のアプローチが必要になってくると考えております。

 

今のところ、最善の策としましては、第3回以降は感染対策に配慮しつつ「会場受験で実施可能」となるような環境整備をしていただけることなんですが…(^o^;)

 

他力本願はあまり好きではないので、こちらでできる策を今年度の受験生たちのためにも考えてみたいと思います!


f:id:switch-on-juku:20200827111417j:image

ともあれ、受験生のみなさんはやることに変わりはありません。

 

前回のブログでもお話ししましたが、夏休みに取り組んできたことをしっかり見直し、模試に臨みましょう(^-^)/