読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢市田上 紹介・リピーター(兄弟姉妹)が多い塾『個別指導塾スイッチ・オン☝』~塾長日誌~

折込チラシ・情報誌などによる宣伝はしておりませんが、紹介・リピーター(兄弟姉妹)・他塾からの転塾も多く、おかげさまで人気上昇中‼ 塾の日常や生徒たちの雰囲気、学習に役立つ情報などをお伝えしていきます(^o^)

塾選びの基準「短期間での成績UP?」

お問い合わせ

前回(1学期中間テスト)の兼六中3年生の当塾塾生たちの結果です。

5教科 合計 100点~140点UPの塾生多数‼


どうです?
みなさん、驚かれましたか?


でも、兼六中3年生の生徒・保護者のみなさんは前回より100点UPしたと言ってもそれほど驚きませんよね…。

実はこれ、ごく当たり前の話なんです。
学年平均自体がそれだけ上がっていたのですから…。

今回は130点UPで学力UPしたかも(当塾では1度のテストで学力が伸びた下がったと判断しておりませんので)という感じです。

つまり、テストの難易度が前回よりもかなり易しくなっていただけなのです(>_<)


もちろん、頑張ったのは頑張ったはずです。
ただし、学力UPしたのかと言うと別のお話しです。

例えば、学年平均が100点UPしたテストで、5教科合計が100点UPしていたとしても、結果的には学力UPしたとは決して言えませんよね。

また、学年平均自体が例えば前回250点➡今回350点と高くなった場合は、単純に平均点ベースの推移で判断してはいけません。
この場合、学力上位層の場合は平均点ベースでは下がってしまいます(下位層・中位層との得点差が縮まるため)。
その時はおよその学年順位の推移も見て判断しましょう。



なぜ、このようなお話をさせていただいたかと申し上げますと、先日、次のようなお問い合わせをいただいたからです。

「別の塾で兼六中3年生が、短期間で5教科合計100点近く伸びたとお聞きしました。そちらの塾ではどの位伸びているものなんですか?」と。

このブログを読まれたみなさんは、もう合計点だけを気にしてはいけないことはおわかりですね(^-^)

お問い合わせいただいた保護者様も、「違う中学なのでわかりませんでした。聞いてみて良かったです!」と大変喜ばれておりましたので、ブログを通じてみなさんにも説明させていただきました。


表面的な情報のみをお伝えし、塾選びにおける大切な情報(今回の学年平均のような情報)をお伝えせずに、勧誘するようなことは当塾では一切いたしておりません。

そちらの塾名はお聞きしませんでしたが、単にお伝えすることを忘れていただけだと思います(^o^)/

そのような事を意図的に行う塾は無いと信じています!

この時期、塾を検討されている方も多いかと思いますが、情報を正しく分析し、お子様にぴったり合った塾をお探しください‼